自宅でナイトプール企画したら最強説!をした結果

夏といったら海とかプールですよね。
夏ナンパなんていうことをする男性も多く6月の段階から筋トレに行き体を鍛えてる人なんて言う人もいます。


そうなんです夏といえば開放的になります。
昔はナンパといえばクラブで女の子に声をかけるなんてことがメインでしたが最近の夏ではプールを利用したインスタ映えを狙った女性が多く見受けられます。

プールで写真を撮ったり踊りをしたりするアメリカのホームパーティーみたいなやつをナイトプールと言うらしいです。

年寄りの私はあまりないとプールというものはよく知らないのですが、要は夏のクラブのようなイメージだと思っていただければいいのかもしれません。

プールですがガチで泳いでる人もおらずただ腰に使ってスマホを片手に写真を撮ったり声をかけられると思ってみたりするような女性が多いように感じられます。

ナイトプールといえば病気やのリア充のようなイメージがとても強いです。
ナイトプール=モテるなおかつそれを主催できるんであれば大物という特権で最強なんじゃねなんて思いました。

幸い私の家はないとプールができるほどの面積を所有しています。
このプールのところに VIP room というやり部屋のようなものを作ればこれで完璧なじゃねえこれ持ってるんじゃねーなんて思いました。

しかしながらナイトプールをやるにも問題があります。
セキュリティーの問題や管理できるのかという問題です。

ナイトプールを開催するというのは危険です。
というのもセキュリティをしっかりしなきゃいけないのとそもそもビジネスで他の人をやっているのでお金儲けを考えなければいけないという意見です。

私出身お金儲けに興味はあるもののナイトプールを利用しても出たいという気持ちの方が先行しています。
なので気軽にナイトプールやります家でやります。

参加者は無料です是非女性の皆さんいっぱい来てくださいね。

なんていう感じで Twitter で広げて漫画一騎多くの人が来てしまった場合管理しきれなくなってしまう問題もあります。

また私の家は都内のため近隣住民による苦情も容易に想像できます。

こう思うと個人でナイトプールをやるというのはいささか問題があるのかもしれません。

そのためまずはプレオープンと称して戻して身内だけで管理できるのかという感じで運営してみました。

前回テニスコートで知り合った誕生ホームパーティーでサソリナイトプールをやってみました。

一言で言うととても大変で採算が合わないと思いました。

これは運営するのが好きだとを集めるのが好きだという人にはもってこいだと思いますが私自身二度とやりたくありません。

ナイトプールを運営しているオーナーと言う力を使えば可愛い女性をゲットするということは簡単かもしれませんが、 それ以上に労力がかかるのであまり最強とは要りません。
もしなんてプールで女性ゲットしたいと言うのであれば自分自身がかっこになって運営している者にとっては難波してくって感じの方が来られていいんじゃないかなって思いました。

しかしながらナイトプールをやるぞと意気込んでいたため自分のマイ VIP room 席を用意してしまったので何が何でも、1回はナイトプール近くしてやりたいという思いが先行してしまいました。

そこで私の Twitter アカウントで私はプールを使用していますここでナイトプールをやりたいです。

是非皆さん参加してくださいという告知をしました。

その結果誰からもリプが来ず開催はできませんでした。

つまりナイトプールやりたくても集めるの人を集める能力がなければ土地を持っていてもできないということです。
陰キャは、ナイトプールすることはできません。